2019/1/21【ドル円・2019年見通しと今週戦略】なぜ実質金利が重要か2019/2/3【マザーズ指数大荒れ!】米国経済と今週の戦略

2019年01月26日

2019/1/26【使える!簡単!】日経平均トレード手法と今週の戦略


今週は日経平均株価の典型的なパターンと、簡単に使えるトレード手法を紹介します。

週足 ⇒ 日足 の順で見ていきます。


(1)週足の買い場

1

週足ではどこで買えばよいでしょうか??

見れば明らかですよね。

週足スローストキャスティクスが、終値で25や20を割り込んだ時を転換と見ればよいです。

私の場合、K=15, D = 3 指数平滑 の指標設定にして以下のように考えています。

① 60MA、200MAの両方の上にある時は、終値で25を割り込んだところから買い下がり
② 60MA、200MAの間にある時は、終値で20を割り込んだところから買い下がり
③ 60MA、200MAの下にある時は、終値で15を割り込んだところから買い下がり

ただし、アメリカのリセッション時(2四半期連続GDPマイナス成長)には、逆張りの買いはやりません。(2008年1月~)


2018年12月には、20,000円近辺から、買い下がりのサインが出ました。
私は18900円までゆっくりと買い下がりました。

週足で転換となった場合、その後ボトムから最低で+10%の上昇が見込めます。


このような背景からも、現在は週足のエリオット波動上昇第1波と分析しているわけです。



(2)日足の重要転換サイン

年5,6回出る、日足の重要サインです。正直、トレードはこの場面だけでも良いくらいです。
2


2018年前半ですが、重要サインが出ていますね。

【1】25日値線かい離率▲7%超

2月の暴落後、25日線乖離率が▲7%超に拡大したところは、基本的に買い下がってよい場面です。
信用評価損率▲12%超、騰落レシオ 80%未満であればなお良いですね。
   
⇒転換サインが出た後は暴落から乱高下、またはボックスに転換すると考える場面です。


【2】週足転換サイン
3月23日は先ほどの週足サイン発生です。週足60MAの上なので、週足終値で25未満は買い下がりです。
⇒週足転換サインが出た後は、最低+10%は上昇します。(リセッション期を除く)


【3】上昇3か月目の転換
ボリンジャーバンド▲2σにタッチしてから、3か月にまたがり上昇し高値更新した場合は、次に下落またはボックス相場への転換と見ます。
ここでは、3月後半から、5月中旬まで、3か月にまたがり上昇しています。

少しずつ売り上がってもよいことが多いですが、9日線を日足終値で割り込んでから売りで勝負するのもいいですね。


因みに、2018年後半は、前半と全く同じサインが3回出ています!! 簡単でしょ!?

3

日足の重要サインは、ぜひ覚えておきましょう!!



(3)日足順張りのサイン

さて、そのうえで、順張りの基本サインも活用すれば、トレードチャンスはさらに広がります。

① 5日線、9日線を終値で終値で超えれば買い
② 5日線、9日線を終値で割れば売り

③ 細かい持合いはやらない

これだけ!笑 

もちろんダマシも多少はありますが、かなり有効です。
週足、日足重要サインと合わせて使えば、ダマシもかなり回避できます。


4



【今週の戦略です!】

(1)日経平均
19,000円台の買いの残り(2回利食い済み)はホールド中です。先週は20,730円で「つなぎの売り」1回目をやりました。
次は21,000円水準で2回目のつなぎ売りをやる予定。(これでポジションはスクウェア)

2月1日(金)以降、上値を更新する場合、日足重要サイン「上昇3か月目の転換」となるので、少しずつ売り上がります!! 

もし、それまでに、もしくはその後9日線を終値で割ってしまった場合は、その時点で売りに転換する予定。

ターゲットはまだ変えず。2月中に21,500円前後とみています。
5


(2)米国株
1月3日アップルショック直前に買ったアップル株は、ようやく買値を上回りました
まあ2016年に買ったものと簿価通算すればまだまだ余裕はありますが・・・

Facebook株は、一時2016年の買い値120ドル台まで下げましたが、再上昇しています。これは145ドルくらいで追加投資しています。目指せ5年で300ドル。

インデックス(SP500、DOW30、Nasdaq100)は、年末の下げでビビりましたが、安値で買い増し、長期ホールド作戦を変えず。(短期で右往左往しない!これが長期投資では一番大事!)

が、週末にほんの一部利食ってしまいました。すみません。



(3)ドル円
今のところ見方は変えていません。今年107円台で踏みとどまれば、夏場以降114円まで上昇、年末上抜けもあり得ると見ています。詳しくは前回の記事をご覧ください。

しばらくは107.5円から110.5円のレンジ内での動きを想定し、逆張り。

先週は買いの「リピートIF DONE」 がかなり頑張ってくれました。



今回は以上です。

今週も、焦らず、謙虚に、善く生きることを心がけましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 19:27│Comments(0)日経平均分析 | 今週の戦略

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2019/1/21【ドル円・2019年見通しと今週戦略】なぜ実質金利が重要か2019/2/3【マザーズ指数大荒れ!】米国経済と今週の戦略