【運用手法】リピートIF DONEを株でやる!(保存版)【米国リセッションの兆候なの!?】ISM製造業指数は悪い

2019年09月28日

【投資とお金の話!】少しずつ儲けの仕組みを作ろう


たまにはみんな大好き「お金の話」をします。


私は個人が大きなお金を稼ぐには、やはり最終的に「投資」という選択が重要と考えています。


ただし、自分に合った投資の「仕組み」を構築するには時間がかかりますよね。


その間、辛い経験もたくさんして、脱落してしまう人がほとんどだと思います。



私自身、今思い返すと、過去の辛い経験は不可避だったと思いますが、


これから投資を収益源にしていきたいという読者の方が、つらい経験をしなくていいように、何か少しでもヒントになるものがあれば幸いです。




【まずはCFDリピートIF DONEを稼働】


前回ブログで、CFDリピートIF DONEについて詳しく書きました。


結論として、「仕組み」の一つとして、少額からでもすぐに始めたほうが良いです。


この方法のメリットは、たくさんあります。


CFDリピートIF DONEの始め方や「仕組み」については、下記前回ブログにて詳しく書いていますので、ぜひご覧になってください。

 


GMO証券CFD口座お持ちでない方は、↑ブログの広告バナーからお申込みいただけると私もうれしいです。



CFDリピートIF DONE メリット:

(1)短期の相場の動きに右往左往しなくて良い

サラリーマンでも余裕で可能です。



(2)なんだかんだで結構儲かる 

2年目以降は期待年間リターン50%程度です。


最初は証拠金100万円でも十分ですが、その後数年かけて2,000万円の証拠金、年間1,000万円くらいの利益を出せる「仕組み」を期待したいです。


これくらいまで行けば、CFDの利益をアメリカ現物株に振り分けるなどで分散し、心理的にも安定的な「仕組みの高度化」がどんどん進みます。

(それでも私は心配性ですけどね。



(3)裁量トレードでチャンスを待てる

ポジポジ病の人、多いと思います。(笑)


リピートIF DONEは、毎日何回も(私の場合1日10回~50回)利確するので、ポジポジ病の人も満足できます。


その分、裁量売買で無駄なエントリーを避けることができ、結果的に裁量売買もうまくなります。






一方、この手法のデメリットとしては、


最初のうちは未決済玉の含み損の増え方が大きく、口座資金が安定化するのに、場合によっては数年かかることです。


ただし、早くて1年目、長くても数年で安定化することが事前にわかっていれば、淡々と継続できると思います。




【手間とリスクを抑え、投資以外の仕組みを探す!】


投資の「仕組みづくり」には時間がかかると申し上げました。


心理的に、人は時間軸に弱いです。(待っている間に不安になる)


そこで、その間に投資以外にも経済的に助かる「仕組み」を検討するのは良いと思います。


手間とリスクがかからないものは、とにかくやってみる。


その方法が自分にハマったら、もう少し力を入れて継続してみる。


ハマれば、継続的な「仕組み」に発展する可能性があります。


余談ですが、、、


私は大学生のころ始めた輸入転売がきっかけで、海外との交渉や仕入れ業務を請け負う仕事に発展しました。

(サラリーマン兼業のため、寝る暇もなかったので廃業しましたが・・・



今すぐやれること:

1.節約(固定費を抑える)


2.ポイントサイト活用

クレジットカード作成などで換金性の高いポイントがもらえます。

色々ありますが、私はモッピー押しです。
moppyロゴ
↑リンクからアカウント作成いただくと、紹介ポイント300円分がいきなりもらえますよ。


あとは「楽天カード」あたりを申し込むと、一撃でかなりのポイントがもらえます。



3.セルフバック

ブログをもっていなくてもサービスに申し込み「自己アフィリ」です。

ポイントサイトにはない案件も多々あるので、利用価値は高いですよ。



4.自己アフィリ 

ブログを開設し、自分OKの広告でサービスを申し込み、謝礼をもらえます。


実績が付くと、更に利用可能な広告が増えるので、意外にやりこみ要素が多いです。


ポイントサイトやセルフバックよりも条件が良いため、同じ案件があれば自己アフィリ優先です。



5.転売系

個人的なおすすめとしては、以下です。

(1)不用品をメルカリで徹底的に売却

(2)Wishで輸入⇒メルカリ転売

(3)ドン・キホーテ等のたたき売りセール仕入れ⇒メルカリ転売

(4)メルカリで中古カメラ仕入れ⇒eBay で海外転売

(5)店舗(国産化粧品など)たたき売り仕入れ⇒eBayで海外転売




そのほか星の数ほど「やれることリスト」があるのですが・・・・


一応投資ブログですので、今日はこの辺にしておきます。(笑)




ということでここからは、いつもの相場分析になります。





【まずはもう一度引いた目線を】


いつも書いている景気循環ですが、この観点は投資家にとってとても大切です。


今回も改めて(自分に向けても)書きますね。


景気先行指数の長期移動平均対比のモメンタム分析をしています。


景気は左下の【停滞期】から、

【回復期】⇒【好況期】⇒【後退期】と循環します。

1


1.株は景気に先行して動きます。

株は【好況期】に天井を付け、【停滞期】にボトムを付けます。



2.債券は景気一致指数です。

債券金利は先行指数が【後退期】に入ってから天井を付け、【回復期】に入ってボトムを付けます。



3.ドル円は現在、ほぼアメリカ金利の上下要因で動いているため、金利と同じく一致指数となっています。




【過去のリセッション場面と比較して分かること!】


現在の景気循環と、過去の景気後退時との比較をします。


現在はオレンジです。 

3


リセッションは、2000年の「ITバブル」が崩壊して起こりました。


景気も「山高ければ、谷深し」です。


バブルがあってこそ、その後の大幅下落があったわけですね。


現在の循環では、2017年のピークが低かった分、調整も当時ほどではありません




次に日本では「リーマンショック」と言われる、「The Great Recession」期です。

2


これも同じですね。

2007年は景気の山が高かったので、その後の大きなクラッシュ相場につながったわけです。



ではもう一度今の循環です。


2019年7月時点で景気【停滞期】にすでに8か月ほど滞在しています。

1


リセッションを伴う停滞期でも、過去半年~1年で【停滞期】は脱しています。


今回はリセッションを伴っておらず、かつそろそろ【回復期】に向かう道程にある可能性が高いです。



日銀の政井審議委員も、現状は「ITサイクル」の循環的な景気調整に、「貿易戦争」の心理的影響が加わって海外景気がもたついている、とおっしゃっていました。


そのうえで、今後の循環的な回復を見ているのは私と同じです。


この景気循環を踏まえ、株・金利・ドル円の今後の作戦を考えたいです。



【日本株の戦略です】


メインシナリオは変えていません。

今は2番底を付けた後の助走期間である可能性が高いです。


↓現在の週足チャート

2


これは今のところ、年始にお出ししていた予想チャート通りの展開です。


2


私は去年からこのパターンを予想してお出ししていましたが、


だいたい予想できた理由は、上記の「景気循環」+「パターン分析」に基づいて分析したためです。


是非、みなさまもこの着眼点を意識されてくださいね。



【さて今週以降ですが】


ショートでも取れそうな気はするのですが、私は調整したところを買いたいですね。


上昇の半値押しである21,000円レベルを下値目途と見つつ、

21,300円くらいからはアウトライトの買いを少しずつ仕込もうと思います。




★先週のトレード★

すみません、21,100円の買い玉は21,750円で利食い決済しました。


これ以上引っ張らなかった理由としては、


10月に一段高があった場合でも、8月安値から「上昇3か月目」となるため、上値があまり見込めないパターンと判断したためです。


押し目待ちということにしますね。


日経CFD
①数週間前の買い 21,100円 ⇒ 21,750円(+650円)

②リピートIF DONE 自動売買
⇒先週は 58回利確しています。 ちょっと少なめですね。




【米国株】

投資戦略は変えていません。

 

調整局面ではリスク管理を重視し、あらかじめ決めた値段でゆっくりCFD再投資を実行します。

 

そして反発局面では一部利益確定をしながら、残り玉をホールドする戦略です。


CFDで出た利益は、最終的には現物株購入原資に充てようと思っています。



【ドル円】

上記の景気循環によれば、ドル円は【回復期】に入ってから買えばよいということになります。


そろそろ【回復期】に入りかけているという見方ですので、押し目買いに目線を移していくことになります。


ただし、株が中期的な調整終了しているとしても、現在のドル円は株に半年~1年遅行します。


まだ105円台もありうると考えたうえで、リスク管理を行い、押し目を少しずつ拾う戦略です。


まあ、私はFXではあまりリスクを取りすぎず、中期買い玉の残り僅かを引っ張ることにしますね。。




本日の内容は以上です。

いつもお読みいただきありがとうございます。みなさま明日に希望をもって生きていきましょう~






このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 21:07│Comments(0)今週の戦略 | マクロ経済

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【運用手法】リピートIF DONEを株でやる!(保存版)【米国リセッションの兆候なの!?】ISM製造業指数は悪い