2021年03月

2021年03月28日

第111回【景気循環とNT倍率】ファンダメンタルズから見る相場


こんにちは。ケロルです。


今週も相場分析という名のポジショントークをしていきますので、よろしくお願いします



NT倍率急低下は日銀のせい・・・?


ここの所、NT倍率が急低下しましたね。


つまり、日経平均よりTOPIXの方が強い動きという事です。

2


これは日銀政策決定会合により、日銀が買入する株式ETFはすべてTOPIX連動型とすることになったことがきっかけです。


ただし先週申し上げた通り、これは単なる「きっかけ」でしょうね。


以前から日銀はほとんどTOPIX型のETFを購入していたので、今回の変更で実需に与える影響はあまり大きくありません。


ただ、NT倍率の上昇に賭けるポジションが多かったため、その解消を多くのトレーダーが迫られたため、NT倍率が急低下したという事です。


NT倍率の動きの特徴をおさらいしておきましょう。



1



特徴①:基本的には、成長株比率が高い日経平均の方が上昇しやすい傾向にあるといえます。


また、日経平均に最も寄与度の高いファーストリテイリングは政策保有(売らない人たちの保有株)比率が高く、浮動株(日々売買される株)比率が低いため、


売りが売りを呼ぶような雪崩が起こりづらいことも、指数を支えていると思います。


特徴②:景気循環の「回復期」の後半~「好況期」にかけては TOPIXが強く、NT倍率が低下しやすいです。


これは「好況期」では TOPIXへの寄与度が高い「景気敏感株」が強く、その中でも金利に連動しやすい「銀行株」が特に上昇しやすい時期だからです。


特徴③:リーマンショックやコロナショックなど「超ど級の暴落時」には、日経先物へのショートポジションが一気に増えるため、NT倍率が急低下することがあります。



日経先物の方がTOPIX先物よりも流動性が高く、大きな金額を取引できるため、超大口投資家は緊急時に日経先物をショートするためですね。


ただしこれは超ど級の暴落時に限った一時的な動きなので、デルタ(価格変動リスク量)調整が一巡すればNT倍率も急反発する傾向にあります。



ではさらに長期的な視点でも、NT倍率上昇傾向は継続するのでしょうか?


もっと長い期間のチャートを見てみましょう。


3


常にNTが上がり調子だったわけではないみたいですね。


1998年から2001年にかけてはNT倍率が急低下しています。


ここからは私の推測にすぎないため、もっと良い理由があれば教えていただきたいのですが・・・


おそらく2000年前後にかけては、株取引のネット化で裾野が広がったり、取引の小口化が進んだことで、


日経平均組み入れ銘柄以外にも、幅広く東証一部の銘柄全体に投資資金が向かったため、TOPIXが強くなったのでは ?と考えています。


一方、2010年代以降はNT倍率が顕著な上昇傾向になっていますが、これは以下の理由が複合的に作用していると考えています。


理由①:大規模な金融緩和により、TOPIX構成比率の高い銀行株などは恩恵を受けづらい一方、成長株が大きな恩恵を受けている。


理由②:ETFの発展で、指数取引が非常に高まったことで、指数寄与度の高い銘柄に集中して資金が流れるようになった。


TOPIXよりも日経平均の方が、分散度が低く特定の銘柄に比重が偏っているため、より指数ETFブームによって上昇しやすい環境と言えます。



どうでしょうか・・・?私はこれら2つの環境はそう簡単には変わらないと思います。


したがって、NT倍率の現在の急落は結果的に「押し目」になる可能性が高いと考えています。


ただしどれだけNT倍率ロングのポジションが溜まっているかわからないため、どこがフェアな水準か、という事はわかりません。


また、この景気循環の好況期がいつ終了するのかも重要ですね。


5



と、ここまでNT倍率について述べてきたのですが、NT倍率自体を対象としたデリバティブは私も見たことないです。


機関投資家は先物を使ってNTを売買をしているわけですが、TOPIXはミニサイズがないですし、NT倍率の売買は異なる商品間での両建てとなるため必要証拠金も大きくなります。


ので、個人投資家の投資対象としては適切でないのですが・・・


ここで申し上げたかったことは、NT倍率の動きを見ても、2010年のリーマン危機からの回復局面とよく似ているという事です。




そこで先週も書いた、株価の今後シナリオをもう少し詳しく見たいです。


先ほどNT倍率のチャートからも、現在の状況はリーマン危機後の「回復期」である2010年と似ている、と申し上げました。


当時の推移です。リーマン危機で大きく沈んだため、好況期は小回りとなりました。


4



今回も似たような展開は予想できます。


5


好況期といえども、回復の勢いは落ちてくると思います。


また、2009年から2011年初までの好循環期は下のようになっています。




5


回復期+好況期で約2年間となりましたが、これはとても典型的な日柄です。


また、リーマン後のボトムから約1年間上昇した後に大きめの調整局面を迎えています。


この「1年間」というのも、とても典型的な重要日柄です。


現在のTOPIX先物は、約1年間上昇しているので、調整しやすい日柄を迎えているのは確かです。


6


ただし相当な金余り相場ですので、素直に下落もせず、大きなレンジのような調整になるかもしれません。


いずれにせよ、大きくは「好循環期」という認識のもとで、買いを中心にやるのですが、


調整がどこまで入るかは見極めがとても難しい状況ですので、今は以下を守っています。


=========
①日足基準線を割り込むような場面では、ヘッジをする。


②逆張りで天井あてのショートはしない


③スウィングは突っ込んだ時の逆張り買いと、基準線越えの順張り買い


④リピートIF DONE も活用して堅実運用する
=========



やはり最初のメインシナリオとしていたように、下記 A のような局面がイメージしやすいです。


6


ただし常に、予想通りには行かなかったときのシナリオも考えておく必要があります。


7


相場の予想を的中させることはとても難しいのですが、予想が当たっても外れても、


相場に向き合う姿勢や心構えができていれば、利益を出すことができるというのが私の実感した教訓です。




本日の内容は以上です。


いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。


今週も感謝を忘れず、人生を楽しみましょう~





このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 14:48|PermalinkComments(0)

2021年03月19日

第110回【日銀会合は気にしなくて良い?】株価の展開を考える


こんにちは。ケロルです。


今週も相場分析していきますので、よろしくお願いします



日銀政策決定会合の結果は違和感ないが・・・


今週は金曜日の夜に記事を書いています。


ちょうど本日、日銀の政策決定会合の結果が発表されました。


事前の予想通り、株式ETF買入の「年間6兆円目途」目標は削除され、「12兆円の上限」は維持されました。


ただTOPIX型のETFのみを買い入れるという決定は少し予想外でした。


その結果、日経平均が売られ、TOPIXは堅調さを維持する展開になりました。


1


ただ先週も申し上げた通り、現在日本の景気先行指数が「好況期」に入っており、


景気敏感株の寄与が高いTOPIXは、日銀の政策変更がなくともアウトパフォームしやすい環境だったといえます。


5



長期的には成長株の寄与が大きな日経平均がパフォーマンスが良いだろう、というのが市場のコンセンサスですので、


日経平均買い、TOPIX売りのポジションを持っている人も多く、今回の発表でかなり反対売買を強いられたので、日経平均が下落したのかもしれませんね。


また、もともと日銀のETF買入割合はTOPIXの方がかなり多かったため、今回の変更で甚大な影響があるとは思えません。


当ブログの株価指数トレードにとって、今回の決定会合結果は「あまり気にしない」というスタンスで臨みたいと思います。




金利の方は落ち着いています。



2


政策決定会合では、10年利回りは▲0.25%~+0.25%の範囲でコントロールされることが明言されました。


またマイナス金利の深堀りを否定せず、マイナス金利による銀行のダメージを緩和する措置も図られたことから、


マイナス金利深堀も現実度が増し、+0.25%までの金利上昇を許容しつつも、けん制が効いたというところです。


そのこともあって、ボラティリティ上昇を懸念していた金利市場はやや安心したのだと思います。


後は気になっていることとして、日本の期待インフレ率が0.207%まで回復してきています。


3


景気循環が「好況期」に入っているため、期待インフレ率が戻り基調というのは理解できます。


これを見ると、「日本円が紙くずになる」、「ハイパーインフレの序章だ」とすぐに言い出す人がいますが、私は景況感の回復に伴う「単なる戻り」だと思います。


とはいえ、日本の名目金利がコントロールされつつ、期待インフレも高まってきているため、為替は円安方向に進んでいるのは事実です。


4


私もリピートIF DONEでドル円ロングにしているのでまあ良いには良いのですが・・・


日本の期待インフレがどこまで回復するかは正直読めません。


また、アメリカの実質金利上昇が先にある程度織り込まれていることも勘案すると、ドル円もガンガン買っていくのは、不安です。


ただ日本の期待インフレ率は株価との相関性が高いですから、


現在の傾向を見るに、景気先行指数が「後退期」に入り株価上昇のサイクルが反転するまでは、ドル円も堅調さを維持するものと見ています。


多少ドル円は株価よりも遅行しますから、慌てなくても良い気はしますね。


ドル円のスウィングは私はやるつもりはありませんが、株価を見ながら深い押し目を待って買っていくのはありかもしれません。



株価の今後シナリオ


さて、決定会合のことは「あまり気にしない」こととしましたが、


そうなると今後の株価シナリオを決定するのは、「市場参加者のポジション」や「実体経済」だったりするわけですね。


いつも通り、景気循環や過去のパターンから見ていきたいです。


5


この「好況期」がいつまで継続するか、ですね。


だいたいは半年~1年くらいになることが多いため、気にしていきたいです


またポジションの面からは、だいたい1年くらいでポジションの蓄積が進み、上昇が終了する展開がほとんどです。

6


2013年のAのように、上昇が終わったあとも「好況期」は続き、大幅調整を挟みながらもジグザグに上昇が続くパターン。


2015年のBのように、上昇が終わった後、高値圏もみ合いに入り、「後退期」に入って夏場に暴落が始まるパターン。


まずはこの2パターンを考えたいですが・・・


もしかしたら現在Cのような大バブルの途中であり、あと1年くらいそのまま上昇が続く可能性も考えたいです。

7


このシナリオは最も辛いと思います・・・買いにもついていけず、バブル崩壊でさらに辛い思いをする人が多くなります。


「相場は最も辛い道を行く」というのは格言ですし、本当です。


この展開も頭に入れておきたいですね。


私は今のところ、日足基準線を使ったスウィングやリピートIF DONEの戦略を変えていませんが、


次回以降、どのシナリオの可能性が高いのか、またシナリオごとの具体的な展開をより詳しく考えていきたいです。





本日の内容は以上です。


いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。


今週も感謝を忘れず、人生を楽しみましょう~





このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 21:19|PermalinkComments(0)

2021年03月13日

第109回【強いダウと弱いナスダック】全体相場の行方は?


こんにちは。ケロルです。


今週も相場分析していきますので、よろしくお願いします



スウィングトレードの基本戦略おさらい


株価は回復傾向となり、NYダウ先物は史上最高値を更新しました。


2

途中で危ない場面もありましたが、基準線を終値では割り込みませんでした。


したがって当初の作戦通り、私は2月3日に基準線を下から上に抜けたところで買った玉を、半分持ち越しています。


また、S&P500も高値近辺まで上昇しました。

3


こちらも先週申し上げた通り、基準線を下から上に抜けたのでスウィング買いをしました。


そして+2%抜いたところで半分利確しました。


残りの玉をどこで売却するかですが・・・、私はいつも、+7%~10%抜いた場合か、または基準線を終値で再び割れてしまったタイミングにしています。


スウィングトレードはとてもシンプルで再現度の高い方法なので、ぜひ参考にしていただければと思います。


ただしチャンスは年に数回くらいなので、ポジポジ病の人はリピートIF DONEを組み合わせることをお勧めします。


また、基準線を使ったスウィングトレードは「日米株価指数の買い」には特に有効ですが、必ずしもほかの商品には適さない場合もあります。


過去のチャートを使って、いろいろな商品ごとに、最適な方法を検証してみましょう!



一方、NASDAQはあまりさえない動きですね。


基準線の下で推移しています。


4

ではNasdaq100も次に基準線を終値で越えたら買うか??


買ってもよいとは思います。


ただ私は金利上昇が不利になるゴールドも持っているし、同じく金利上昇が不利に働きやすいNasdaqのポジションはあまり増やしたくないですね。。


米国債(10年物と30年物)は昨年末に金利の低いところですべて利確しておいてよかったです。


ここまで見てきてわかる通り、金利上昇が銀行株などのシクリカル(景気敏感)株にプラスに働いている一方、


資金調達コストの上昇で大きくダメージを受ける巨大テクノロジー株が抑えられているという関係になっていますね。

7


というのは教科書的な文句ですが、


実際には金利上昇をきっかけにして、ITのようにすでに上がったものが利確され、銀行や製造業などの割安なものが買われるという資金循環が発生しているという事ですね。


全体市況としては悪くないといえます。


バブルが崩壊するときは、すべてのセクターが大きく売られますからね・・・


なお先週も書きましたが、金利の先行指標である素材価格はまだ上昇中であり、金利のピークアウトも夏場以降ではないか、と考えています。


5




日経平均は基準線を越えるかどうか、といったところですね。


日本株は銀行株やそのほか景気敏感株が多く、一般的に金利上昇が有利に働くといわれていますが・・・


6


その割にはNYダウやS&P500よりも弱い動きですね・・・・


後解釈ですが・・アメリカ株は、1,400ドルの現金給付をはじめ追加経済対策が決議されたことを好感する一方で、


日本株はむしろ次回日銀政策決定会合で株式ETF購入枠が減額されることを警戒しているのかもしれません。


と日経平均はソフトバンクなどのIT関連株のウェイトも高くなっていますからね。。


私は日銀会合は「お茶を濁す」ような表現で若干買い入れ減額を匂わせる程度だと思っているので、そこまで心配はしていません。


会合が終わった後に上昇する可能性はあります。


ただ先週書いたように、2015年の様な推移をたどる可能性は頭に入れておきたいです。

11


一旦また上昇した後、徐々に調整が入る頻度も、深さも増していき、夏場に一気に崩れる展開です。。


そのほかのシナリオとしては、バブルの最終局面で上昇が一気に加速する展開もあり得ますね・・・。


結局はわかりませんが、あらかじめいろいろなシナリオを想定しておき、対処できるように構えておくことが重要です。



景気循環から見ると典型的な動き?


景気先行指数の2月末基準が更新されたので書いておきます。


日本の景気先行指数がついに「好況期」に入ってきました。

5


また、アメリカの景気先行指数も、回復期の終盤から好況期に入ろうというところです。


8



株価が上昇するのは、回復期から好況期にかけてです。


一方金利は株価に遅れて、回復期の終盤から好況期にかけて上昇が顕著になります。


金利上昇が有利に働く景気敏感株の調子が良いのもこの期間です。


景気循環の観点で見ても、現在の株価の動きは典型的なものであり、違和感はありません。


なお、景気の好況期は大体6か月~1年間くらい継続することが多いです。


早ければ今年の夏の終わりには大きく相場が崩れる可能性があり、


さらに回復傾向が続いた場合、来年の1-3月期に相場が崩れる危険性が高いというのが、引き続き私の見方です。




============



本日の内容は以上です。


いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。


今週も感謝を忘れず、人生を楽しみましょう~





このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 16:01|PermalinkComments(0)

2021年03月07日

第108回【3月調整は本当に終了なの?】今後の株式戦略を考える!


こんにちは。ケロルです。


雇用統計がきっかけになったのか?株価の調整はいったん収束しています。


果たしてこれで調整は終了なのか?今後の展開を考えたいと思います。


今週もどうぞよろしくお願いいたします。



株価はいったん下げ止まり??


株価の調整が続いていましたが、週末の雇用統計がかなり強かったことを受けたのか、いったん下げ止まった感じです。


日経平均はまだ基準線を下回っていますが、下ヒゲでリバウンドしました。

10


S&P500先物は終値で基準線を再び上回りました。


13


ちょっと調整が浅いな、といった感じがしますが、


基準線を下から上に超えたので、機械的に少しだけスウィングの買いはやってみようと思います。


また、ボラティリティが高まったので、リピートIF DONEの利益が先週は結構積みあがりました。



今後の展開は?



1-3月期は調整に警戒していましたが、これで調整はもう終わりなのでしょうか?


今後のパターンとしてはいくつか考えられますね。


2015年の様に、3月の調整が浅く終了した後、少しずつ高値を切り上げながら、徐々に調整が深くなっていきました。

11


そして最後は、夏場にフラッシュクラッシュが発生し、強気サイクルが終了しました。


ちなみに2015年は7月に景気先行指数が「後退期」に入っており、その後8月にフラッシュクラッシュが発生しました。

15


2018年の2月もそうですが、フラッシュクラッシュは先行指数の「景気後退期」の入り口を示唆します。

17


私は次の「後退期」入りは来年2022年1-3月期からかな?と考えているのですが、


仮に今回2021年1-3月期の調整が小さく、さらに上値を試すパターンとなった場合は、


次に需給が悪くなる7-9月期にフラッシュクラッシュが発生し、相場が崩れる可能性も意識しておきたいです。




そのほかに意識しておきたいシナリオ


もちろんこの後、いったん戻った後、さらに大きな調整が発生する可能性も考えておく必要はあります。

16


ただ最近の動きを見る限り、どちらかというと1つ目に書いた2015年の様に、3月は浅い調整で終わり、


その後少しずつ上値を切り上げていき、夏場により大きな調整となる可能性が高まってきた気はします。


とりあえず、基準線を使った基本戦略は変えずに行こうと思います。


先週は基準線割れから攻めのショートも行いましたが、日経先物は+300円、S&P500先物は+50ポイントで利確しました。


攻めのショートはあくまで超短期勝負ですね。



金利市場は?


ここの所、特にアメリカの長期金利上昇が株価調整の要因とされていました。


9


0.50%の水準からは約100bp(=1.00%)上昇しましたね。


過去10年を見ると、大体1回の上昇幅は100bp~120bpくらいであり、今回もそろそろ金利上昇はいいところまできた気はします。


また、週末の雇用統計後は若干「出尽くし」に近い動きとなっており、すぐには金利も低下はしないが、金利上昇スピードは低下してくるものと考えています。


なお、金利に4-5か月先行するCRB基礎原材料指数はまだピークを打ったとは言えず、金利のピークアウト・反落は夏場以降になる可能性が高いです。

5


しかしいずれにせよ、長期金利はいち早く景気回復傾向を織り込んで上昇しているため、ここからの上昇幅は小さくなるものと思われます。


そして夏場まで金利・株価ともにもう少しずつ切りあがっていく場合、株式がより割高になり、株式の買いポジションも溜まっているでしょうから、


やはり大きな調整に警戒すべきという事になります。


日足基準線を利用したトレード戦略は継続しますが、今後高値を更新する際は、より慎重に相場を見ていきたいと思います。


============



本日の内容は以上です。


いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。


今週も感謝を忘れず、人生を楽しみましょう~





このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 16:52|PermalinkComments(0)