【来年私でも投資できますか?】初心者は何から始めるべき?【2020年新年相場!】年始の調整目途は?自動売買も紹介!

2020年01月01日

【裁量不要で年率50%も可能?】リピートIF DONEを株でやる!!




★裁量トレードの弱点を克服するには?★


過去記事のリライト版です。


皆さまこのような経験ありませんか?私もトレードを始めたころはしょっちゅうでした。



1.自分が「買ったら下がる」、「売ったら上がる」


2.ノーポジで株が上がったら悔しすぎる!ポジションを常に取りたい


3.頑張って何百回もトレードやったけど、年間収益マイナス・・



4.みんな「今年は儲かった」って言ってる!損したのは自分だけ?



それを克服するためにも、私は「裁量売買」に加えて、裁量を極力介さない「自動売買」を組み合わせることをおススメしています。



私が現在主力の投資手法としている、とてもおススメの方法を以下で紹介します。



★リピートIF DONE を株でやる!★


端的に言うと、FXでよくある「ループイフダン」とか、「トラリピ」の自動売買ロジックを株CFDでやる方法です。


100万円程度の資金から実践できて、初年度年率+30%程度、


次年度以降年率+50%程度のリターンを私も上げてきました。


しかも誰でも再現できます。



1.取引の準備


私は比較的大き目の資金で取引しているので、「リピートIF DONE」だけでも複数の口座に資金を分散していますが、


現在おススメなのは、取引サイズが先物miniの10分の1単位の、「GMOクリック証券CFD」です。



(無料口座開設はこちらからどうぞ↓)




2.必要資金

だいたい100万円で最小設定ですね。




3.期待リターンのイメージ

(相場によりますが、経験則的に。)

初年度 10%~50%くらい(実現益に対して含み損が増えやすいため)

次年度以降 50%くらい




4.注文設定


日経225の場合、以下のようにIF DONE 注文を連打で入れておきます。


1




例)
IF DONE 1枚 買い 23400 ⇒ 売り 決済 23500
IF DONE 1枚 買い 23300 ⇒ 売り 決済 23400
IF DONE 1枚 買い 23200 ⇒ 売り 決済 23300
IF DONE 1枚 買い 23100 ⇒ 売り 決済 23200
・・・・

10個くらい事前に設定。

2




決済まで完了したら、また同じ注文を入れなおします。


またGMO証券の場合、2週間で注文有効期限が切れるため、最長2週間で注文を出しなおす必要がありますね。



あ、もちろん相場次第では売り設定もありですが・・・


経験則的に、売りは「少なめ」か「期間限定」で、買いは多めで設定した方がうまくいきますね。



S&P500でも、ダウ30 でも良いですよ。私は全部やってます(汗)




5.リスク管理

このロジックの場合、決済できなかった玉は持ち越すことになります。


含み損が溜まってしまい、初期はマイナススタートになることが多いです。


ただし、初期に超大暴落をまともに食らったりしない限り、時間をかけて実現益が含み損を上回り、相場がスタート位置まで戻らなくても、資金が増えていきます。




最悪ケース

開始直後に暴落を食らったケースを見ておきましょう。


例えば、2018年10月の高値24400円から、「買い設定」のみでスタートしたとします。



3


この時は約3か月で 18,900円まで大きく下落しました。


① 12月末のボトムでは、決済できずに残ったポジションの最大の評価損は▲154万円です。


この場合追加入金が必要です。



ただし3か月の小さい上下で繰り返し売買が成立しており、実現益は約+30万円。


評価+実現の 合計損益は▲124万円。



② その後4月にかけて相場が戻りました。


評価損は▲23万円、累積実現益は+60万円。 


相場がスタートまで戻らなくても、合計収益は+37万円になりました。



③ 2019年年末まで継続した場合、24,000円くらいまで相場が戻ったため、


合計収益は約+100万円になりました。


これは元手200万円程度で可能な収益です。




仮に元の水準まで株価が戻らなくても、実現益が長期で積みあがっていき、資金はどんどん増えていきます。


当たり前ですが、株式は長期的には買いが有利です。


これは長く続ければ、とても効率的な運用手法です。


怖くない資金量で始めましょう。後から追加入金余力がある方がなおいいですね。






5.高度化

私は週に1回ロジックの見直しを少しだけ行っています。


売りヘッジを一部入れたり、買いのペースを上げ下げしながら、今後も長く継続できるように努力しています。


基本は相場観を排除する。ただし何年もやって慣れてくると、相場に応じて多少設定を変えてみる。


こんなところですね。難しく考えすぎないことが大事です。




6.参考までに私の実践例です


例えば、私の設定例(2020年1月1日時点)です。



GMO証券

(1)S&P500 以下をループ
  買1枚(mini 0.1枚相当) 5pt 刻み 10pt利食い
  これを延々と・・・ 


(2)ダウ30 以下をループ
  買1枚  50pt 刻み 100pt利食い
  これを延々と・・・ 


(3)日経225 以下をループ
  買1枚 50円刻み 100円利食い
  ヘッジ売りを 23500円以上で100円刻みで設定
  (IF DONEではなく通常指値)


(4)原油 
  現在休止中



クリック株365(GMO証券の取引サイズ10倍)

 ダウ30 以下をループ
 買1枚  100pt 刻み 100pt利食い



今後も当ブログで、相場観や設定のコツについて書いていきます。


みなさまで一緒にコツコツ稼いでいきましょう。


(無料口座開設はこちらからどうぞ↓)



落ち着いていきましょう~



このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 19:11│Comments(0)今週の戦略 | 日経平均分析

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【来年私でも投資できますか?】初心者は何から始めるべき?【2020年新年相場!】年始の調整目途は?自動売買も紹介!