【2020年新年相場!】年始の調整目途は?自動売買も紹介!【米国株はまだ上がるの?】追随できない日本株の今後は?自動売買も活用しよう

2020年01月12日

【中東イラン問題は織り込み済?】今後の株式・為替相場の展開!


こんにちは。ケロルです。


今週も自動売買の稼働状況や、私の相場分析について書いていきます。


自動売買について知りたい方がかなり増え来てたので、先に書きますね。


==================

★本日の目次★


1.自動売買の稼働状況と設定

(1)株CFDリピートIF DONE

(2)MACASO コピートレード FX

(3)FXループIF DONE


2.相場分析と私の裁量売買の戦略

(1)日本株

(2)アメリカ株

(3)ドル円

=================



★それでは本日の内容です★


1.自動売買の稼働状況と設定


(1)株CFDリピートIF DONE


GMOクリック証券 株価CFDを使った自動売買です。


ロット数を絞れば、100万円の資金からはじめられます


私の場合2つの口座に資金を分けてやっていますが、本ブログではGMOクリック証券の実績を書いていきます。


4


GMOクリック証券口座の週間実績(元手800万円スタート)

週間 実現益 +92,997円 

累積 実現益 +149,257円(2020年~) 


時価評価:8,248,980円  


ボラティリティが比較的出たので、実現益がそこそこ積みあがりました。


今年は買いメインの設定なので、相場が下がると含み損が積みあがりますが、


中期的に強気サイクルはまだ継続すると見ているので、設定は維持します。



〔設定〕
=====
①日経225 IF DONE 買い50円刻み⇒ 100円幅利確

 例)IF DONE 買い 23450円 ⇒ 決済 23550円
   IF DONE 買い 23400円 ⇒ 決済 23500円
   ・・・・延々と


②日経225  23,500円から100円刻みでヘッジ売り0.4枚保有中。

③ダウ30  IF DONE 買い50pt刻み⇒ 100pt幅利確

④SP500  IF DONE   買い 5pt刻み ⇒ 10pt 幅利確

⑤SP500  0.3枚ヘッジ売り保有中。

=====


ボラティリティの大きな自動売買ですが、とてもリターンは大きいです。


私の友人もここ数か月で何人か始めています。


これからはじめられたい方、詳しい方法は下記記事をお読みください。


(リライト版! 裁量不要で年率50%も可能? リピートIF DONEを株でやる!)

 


100万円からでも開始できます。


投資で比較的リスクをとって、大き目の収益を狙っている方には特におすすめです。


(口座をお持ちでない方は、是非こちらから無料口座開設を!↓)
  

=======



(2)MACASO コピートレード FX


凄腕トレーダーの自動コピートレードです。


これは・・・もしかして「凄い」運用手法なのかな


20万円追加入金して合計原資30万円にしましたが、期待以上の週間リターンです。


5



少額資金で月+数万円のリターンを期待されている方は、このサービスを優先した方がいいかもしれません。


Macasoの週間実績(元手30万円)

週間 利益:+5,913円

時価評価:307,127円


〔設定〕

①「GreenValley さん」を2,000通貨単位でフォロー。


②「Xyzco Xananaさん」を1,000通貨でフォロー。


ドローダウン幅が小さく、長期で安定して利益を出している裁量系トレーダーをフォローする方針です。


月末週時点で、1月累計利益+10,000円を超えているようであれば、更に資金を10万円追加します。


Xyzco Xananaさん」を2,000通貨単位でフォローする予定。


実現益の積み上がりに合わせて少しずつ入金することで、一気にドローダウンして心理的に萎えることを防ぎます。



Macaso の無料口座開設はこちらから↓

macaso(マカソ) 
=========



(3)FXループIF DONE


証拠金400万円は多すぎたので200万円にしました。


週間 実現益:+6,902円

累計 実現益:+10,397円(2020年~)

時価評価:1,998,626円  


ショート玉の含み損が増え、まだトータルマイナスです。


ただ、しばらくそのまま継続します。


〔設定〕 1,000通貨単位

①USDJPY 買い回転 10銭刻み(B10)

最大160千通貨まで


②USDJPY  売り回転  15銭刻み(S15)
 
最大30千通貨まで



(ループIF DONEの無料口座開設はこちらから↓)
シストレi-NET 
=========




★以下は相場分析です!★


2.相場分析と私の裁量売買の戦略


(1)日本株です!



先週は、イラン関連のヘッドラインにビビりましたが、結局はブログに書いた通りの動きでした。


今の所、昨年末の予想通り進捗しています。


3


高値圏でのレンジ推移といったところです。


また、日足では 22,900円から23,200円が調整A波動の目安と先週申し上げました。


1

結局 22,910円で反発しています。


この後ですが、すぐにC波に入るのか、B波の戻りが続くのかという点ですが・・・


私はもう少し上下レンジが続きながら、B波の戻り高値を探る展開になると考えています。



2017年の動きを再び参考にします。


「景気循環」、「季節性」、「週足チャートのフォーメーション」すべて似ています。

2

しばらくは 日本取引所 先物チャート(CMEと微妙に違う)で60日線がサポートとなる可能性が高いです。


今週の作戦としては、、


① 60MA近辺(23,200~23,300円くらい)はざっくり買ってみます。



一方、B波は日柄的にいつ付けるかわかりませんが、24,000円くらいまでと見ているため、


② 23,750円から、少しずつ売り上がっていきたいです。



〔中東の戦争リスクは??〕


私は軍事・外交の専門家ではありませんが、一応見解を書きますと・・・。

(私も実は東大法学部「政治コース」卒のカエルなのですが・・・


今はアメリカが軍事的に圧倒的に強いため、ある意味世界の規律が取れていると考えています。。


だから今回の件も、トランプ大統領が「弾劾を回避」し、選挙戦に向けた「支持率稼ぎ」の動機でアクションを起こしたと見ています。


2017年のシリアへのトマホーク攻撃や、ISIS施設へのMOAB投下もアメリカの都合です。


2001年の9.11テロさえも、アメリカ政府がでっち上げたという説がありますが、あながち嘘でないかもしれません。。。


何が言いたいかというと・・・


結局アメリカに対して他国が安易に戦争を起こせないことを、アメリカが「わかったうえで」、アメリカ側が主導しているという事です。


逆に言うと、全面戦争のリスクは低く、やはりこのネタは「買い場提供」になる可能性は高いです。


もちろん、何が起こるかはわからないことが前提で、リスク管理は必要です。


週末リスクがあるけど買いたい、と言ったときは、コールオプション買いにするなどの工夫はできますよね。



〔先週の裁量トレード〕 


予想通りの動きだったのに狼狽してしまいました・・・反省です。


日経CFD
① 買い 23,300円⇒23,400円(+100)

② 買い 23,100円⇒ 23,250円(+150)
     ⇒ 23,500円(+400)

③ 売り 23,300円 ⇒ 23,140円(+160)

④ 売り 23,100円 ⇒ 23,300円(▲200)

⑤ 売り 22,950円 ⇒ 23,150円(▲200)

⑥ 売り 23,850円 ⇒ 23,750円(+100)
===========



(2)アメリカ株です。

相変わらず強いです。。おおよその見方は変わっていません。


アメリカは景気先行指数が回復期に入っており、企業業績は遅れて回復してくると見ています。

3


足元、かなり保守的な見積もりで、2019年12月期四半期利益は▲2.0%予想。


2020年前半は年率+4.5%~+6.5%の利益成長がコンセンサス予想となっています。


12か月先予想PERは 18.4倍とやや高め。


ただし、これから企業業績の上振れで予想EPS(一株利益)も上昇しやすい事や、


金融、財政両政策が緩和している事から、株価上昇余地はあると考えています。


9


似たような景気循環の場面↓

10


足元予想PER 18.4倍はやや高いですが、今年は「金融」「財政」両政策が緩和しており、


10年利回りが1.80%程度に抑制されていることから、全くバブルとは言えない水準です。


もしかしたら、今年後半から来年前半には、PER 25倍程度のバブルに発展する可能性があると見ています。

6


調整したタイミングでは引き続き押し目買い&ホールド戦略です。


タイミングとしては、日経平均の「買い場」判定と同時に買いたいですね。


あと10枚は、中期玉を追加したいところです。
=========



(3)ドル円難しいです。


ドル円はダメでした。予想より大分強かったです。


あえて無理しなくていいか・・・


日米実質金利差に基づく理論価格はまだ 103円くらいです。

7


では現在のドル円は、近い将来のアメリカ金利上昇を織り込んだ動きなのかな??


それとも過大評価なの??


良くわからないため、裁量トレードは一旦様子見とします。


8


一応メインシナリオとしては、この後また3月に向けて、調整局面があるのではないか?と見ています。


調整したところで、日経平均日足C波動と同じタイミングで買うのが良いかな?と考えています。


〔先週の裁量売買〕

USDJPY

① 売り109.50(年始の玉)⇒ 108.50(+100p)
            ⇒ 109.00(+50p)

② 売り 108.50  ⇒ 109.00(▲50p)

③ 売り 108.00 ⇒ 108.50(▲50p)

=======


本日の内容は以上です。

いつもお読みいただき本当にありがとうございます。

今週も謙虚に、落ち着いて自己研鑽に励んでいきましょう~





このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 17:23│Comments(0)マクロ経済 | 日経平均分析

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【2020年新年相場!】年始の調整目途は?自動売買も紹介!【米国株はまだ上がるの?】追随できない日本株の今後は?自動売買も活用しよう