【日経平均はどこまで戻る?】株価の日柄リズムから考える!【もう10年に1度の買い場は終わったの??】底堅い株価の今後は?

2020年04月18日

【2番底は来ないの!?】不景気の株高どこまで?


こんにちは。ケロルです。



今週も相場分析と私のポジショントークです



10


(1)2番底は来ないの?日本株の予想シナリオ


(2)4月20日週の見通しと戦略


================




(1)2番底は来ないの?日本株の想定シナリオと戦略


先週の日経平均は、徐々に上値が重いながら、戻り上昇傾向は続きました。


これは先週のブログで分析した動きの通りでした。


今週も、相場パターン分析中心に少し材料解釈も交えながら、戦略を考えたいです。




【2番底はもう来ないの?】



通常の景気循環モデルが機能しない局面のため、予想が非常に難しいのですが、



今の所の2020年のイメージとして・・・相場の波動パターンや経験則から考えると、


2018年の様なリズムをメインで見ています。



6


皆さま2番底をかなり期待しているようですが、5月以降株価が一旦反落したとしても、


夏場はレンジっぽい動きとなり3月安値までは下げる可能性は低いと見ています。


その後コロナ蔓延が一旦後退したことを好感した戻りを経て、


年終盤には思ったほど景気回復していないことを懸念したキツい下落がもう一度来るのでは?


といった感じです。


長期の波動カウントが以下となれば、非常によくあるリズムとなります。



5


したがいまして、現状の私の見方としては、「2番底は直ぐには来ない」


「もう2番底は来ずに上がっていく」と思ったころにまたキツい下げが来るかも


といった感じでしょうか。。




【先週の値動きの特徴】


値動き自体は、ほぼ先週の予想通りでしたので良いとして、


材料です。↓


週末にGILEAD(ギリアド)サイエンス社が、コロナ対策薬の臨床試験結果が極めて良好だと発表しました。


アメリカ株は大きく上昇しました。


ではこの材料はゲーム・チェインジャーなのか?もうアメリカ株は下がらないのか?



私は以下の点から、冷静に考えるべきだと思います。



1.材料以前に、相場は上昇基調。多くの人が早期2番底を期待してるので、ポジションが軽い。


これは重要です。日経平均などの大型指数は、大暴落後、必ずそれなりの戻り上昇があります。


戻り上昇では、売り方の踏み上げ(損切)によって相場が上昇します。


「経済が悪いのに、なぜ株は上がるの?と疑問を持ったり、


ショートポジションが踏まれて苦しい人も多いと思います。


このようにポジションが悲観に傾いているからこそ、買戻しが入り、下がらないというわけです。


この材料ですごく怖くなってしまった人は、自分のポジションが極端に悲観(ショート)に傾いていなかったか、見直すと良いと思います。



ただ、相場上昇が少しずつある程度続くと、今度は買いに賭けたポジションも増えてきます。


多くの人が強気になる一方、年金やバランス型ファンドは冷静に利益確定してきます。


次のような発言がSNSで出てきたら次の下落に注意です。


「経済と株価は関係ない!お金じゃぶじゃぶだから株はバブルに向かうんだ!」とか、


「売り豚ざまあみろ、下がったら買えばいいだけだ」


「ハイパーインフレ到来!日経平均は5万円に向かう初動」


そろそろ↑こういう発言が出始めてますが、このような発言で動じてはいけません


私たちトレーダー、投資家は、相場の上下で追い込まれないようにポジション配分を考える必要があります。


私の経験則上、相場では「行ける」と自信を持ったポジションや見立てはたいてい失敗します。


相場はゆったりやっても、大負けしなければとても、とてもいい儲けが出ます。


常に「客観的な確からしさ」を考え、「恐る恐る」行きましょうね。





2.臨床試験中の薬が一般利用されるには1年以上かかるのが普通です。


もちろん、臨床試験だけでも1,000人規模への利用は可能ですし、


重篤者には未承認の医薬品も使うことが認められる場合があります。


かといって、「これで薬ができたから、コロナはインフルエンザと同じだ。安心して経済がフル稼働再開できる・・・」

とは言えないと思います。


まだ経済活動再開は慎重に進むと考えています。


また別に書きますが、今回の世界的な財政出動の多くが、「企業に『政府がお金を貸して』赤字を乗り切る」というものです。



売上はある程度戻っても、企業の借金は以前より増えるわけです。


GDPの10%とか20%相当の財政出動が、実際にGDPを10%とか20%引き上げるわけでは全くありません。

(トランプ政権が考えている1兆ドルの公共事業はもっと直接的な効果があります。)



今後企業は資産を売却したり自社株買いを抑制しながら、借金を減らすプロセスはある程度継続すると思います。


株式市場は今はまだ回復への期待が高いため、戻りが先行するでしょう。


しかし・・・これで経済懸念が完全に終わったわけではなく、今年終盤にかけて、忘れたころに相場が再び荒れる場面はあるというのがメインシナリオです。




3.TOPIXが相対的に弱い?


日経平均は先週、高値を更新しました。


一方、TOPIXは高値を更新できていません。


3



これは2019年の4月、ちょうど同じ季節の動きに似ています。



4


特にギリアド・サイエンス社のニュースが出た金曜日は特に、日経平均とTOPIXの強さに差が出ました。


要するに、本格的な景気回復を見越してファンダメンタルズ重視の投資家が現物株を一斉に買っているのではなく、


それまで大口トレーダーがショート(空売り)していた「日経先物」や「ソフトバンクG」等、日経平均に寄与するものが「買い戻された」感じですね。



また、TOPIXと日経平均の強弱差が出てくると、戻り相場も後半戦に入っていることが多いです。


特に日経平均に関しては、目先はまだ底堅いと思いますが、5月に調整する可能性は高いと見ています。



(2)4月20日週の見通しと戦略


前回も書きましたが、日柄的には、安値から約1か月反発しました。


8

1月の高値から3月の安値までは2か月間ですが、


大暴落は実質1か月間だったので、安値から1か月間の戻りで、だいたい値段的に良い所まで来たかな?と見ています。


ただ、上値が徐々に抑えられつつも、日柄的には5月頭か、安値から2か月後の5月中旬までが現在の上昇基調になると考えています。


季節性的にも、4月は外人の現物買いが入りやすい時期です。


9

現物の外人動向ですが、4月と10月は買い越される傾向があります。


4月10日終了週は、外人投資家が久々に少し買い越しています。


先週以降も、現物が少しずつ買い越されている可能性がありますね。



戦略ですが・・・


まだ上向きですが、徐々に値動きが低下してきてます。



7


サポートとレジスタンスを、見ながら、慎重にいきたいです。


短期トレードでは押し目買いがやりやすいかな?と考えていますが、徐々に下値サポートが切りあがっていますから、


19,300円とかでないと買えないかな?といった感じです。



まだ下値サポートは割れないと思いますが、割れたら既に戻りトレンド終了の可能性も出てくるため、買いもあくまで短期勝負ですね。


一方上方向は、19,800円~19,900円が目先の抵抗で、短期戻り売りも検討できます。


超えてくると、20,300円近辺には大きな抵抗があります。


中期的に、20,000円台は腰を据えた売り玉をもってみても良いかな?と考えています。




先週のトレード


先週のブログの方針通り、19,000円近くで押し目買いしました。


1.日経CFD

①買 19,020円

⇒ 19,320円(+300)

⇒ 19,700円(+680)


②買 19,250円 ⇒ 19,070円(▲180)損切り

損切後に急反発!何してんのよ、私。



2.自動売買(リピートIF DONE)


(1)GMOクリック証券CFD(0.1枚単位の小口。元手250万円)

先週は+7万円ほど利確しています。


ただSP500は新規の売りは停止し、買いのみ稼働し、逆指値でも買っているので、


売り、買い現在ほぼスクウェアです。

=============
①日経225 

買300円仕掛け、300円利食い
売400円仕掛け、300円利食い


②SP500

買40pt仕掛け、40pt利食い
=============

CFD自動売買の基本的な考え方は以下リンク先の通りですが、

今年は「仕掛け&利食いの間隔」を大きく広げ、売り設定も追加する作戦です


 


0.1枚単位の小口で私と同じ設定をやるなら、DMM.com証券のCFDもおすすめです。
(こちらの方が使いやすいかも。)


これから始めたい方は下記バナーから口座お申込みください!↓
DMM CFD





(2)マネースクエア 完全オートリピートIFDONE
(mini 1枚単位、元手300万円)

先週は+15万円利確しました。


こちらはmini 1枚単位とやや大口ですが、両建てだと建証拠金不要のため、資金効率が良いです。

===============
設定:ミニ1枚単位(GMO証券の10倍)
①日経225 

売 400円刻みで仕掛、300円利食い

買 400円刻みで仕掛、
300円利食い
===================

ひまわり証券様でもリピートIF DONEの完全自動機能がついています。

ただ最大仕掛け幅が300円なのは今の相場だと少しリスクが高いですが・・・


ひまわり証券の口座開設はこちらからお願いします↓ 


くりっく株365 




本日の内容は以上です。


いつもお読みいただきありがとうございます。


コロナ自粛モードで精神的にも経済的にも辛い局面かもしれません。


でもこの苦難を乗り越えると、日本社会は古き悪しき価値観が劇的に変わり、素晴らしい国になっていくと思います。


まずは身近な人との絆を大切に、小さな幸せを感じて生きていきましょう。


私も読者の皆さまの成功と幸せをいつも願っています。





このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 14:26│Comments(0)日経平均分析 | マクロ経済

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【日経平均はどこまで戻る?】株価の日柄リズムから考える!【もう10年に1度の買い場は終わったの??】底堅い株価の今後は?