【再び波乱はくるか?】株価調整はどこまで?【動きそうだが焦り禁物!】今後の相場展望と作戦!

2020年06月27日

【コロナ第2波?】株価調整局面をどうみる?


こんにちは。ケロルです。🐸


本日もスマホアプリからの投稿です。


先週の記事でも述べた通り、日経平均やS&P500指数は調整局面入りしています。



VIXは20日線の上で推移。


Screenshot_20200627-113324


また、相場全体をリードしてきたマザーズは数日間高値がならんで、


5日線を陰線で割れてきました。



Screenshot_20200626-112354


マザーズは少しずつまた売りはじめました。


2016年のように、月足レベルで、上昇の半値押し以上の下げはあり得るとみています。



Screenshot_20200627-165909




また、日経平均やSP500の週足は、5週線を割います。



Screenshot_20200627-170227



Screenshot_20200627-170220


更に注意すべきは、MACDがまだ0より下にいることと、


スローストキャスティクスが高値圏にいることです。🐸


暴落調整や、日柄調整いずれも、スローストキャスティクスには反映されます。


特に日経平均は、周期的に5~10か月くらいのペースでスローストキャスティクスが安値圏に沈み、買場になります。


過去を見てみます。


Screenshot_20200627-171045

2016年はチャンスが多かったですね。


また、2017年のような強い上昇相場でも、

スローストキャスティクスが安値圏に沈む場面がありました。



Screenshot_20200627-171103



ではもう一度今の状況を確認すると、


Screenshot_20200627-170227


スローストキャスが高値圏に張り付いて上昇が続くこともあるのですが、


上記の様々な周辺材料からも、少なくとも買は慎重になるべき局面です。😓


周期的にも、次の買場はまだ先です。


また、巷ではコロナ第二波が騒がれていますが、


これが第二波なのか、第一波の余波なのかは分かりません。


いずれにせよ、相場は調整を警戒する局面であり、


さらにFedのスタンスも株式への重要度は高いと思います。





やはり今週もアメリカマネタリーベースは増えていません。



Screenshot_20200627-113128



Fedが短期流動性を供給する必要がなくなったこともありますが、


国債の金利をコントロールしたい理由が大きいです。



明確にFedがイールドカーブ・コントロールを導入するかどうかは不明ですが、


国債の追加発行がない限り、Fedはバランスシートを大幅拡大しづらい状況にあるのは確かです。


ということで、7月末に期限を迎える各種アメリカのばらまき政策が延長されるのか、が重要です。


ばらまき延長となれば、国債が追加発行され、Fedが買い取ることで、マネタリーベースは再び大幅に拡大します。


今年は大統領選なので、ばらまき延長する可能性は高いです。


ただ議会では予算がすんなり行かない可能性が高いため、


しばらく調整しやすい相場なのは確かです。😓


作戦としては、マザーズはショートを狙い、



大型指数は売りヘッジをキープしながら、下がった所は慎重に少しずつ買いを入れていくことにします。


またゴールドが上がって少し助かっています。


ゴールドは積み立て投資にしています。🐸


Screenshot_20200627-113432


ゴールドは長期的にはまだまだ上がる可能性があるとみています。



さて、株式の中期イメージとして、波動の観点で見てみます。



シナリオ1


まず、2019年のように、7月ー9月夏場にしっかりスローストキャスが調整するパターン。


3か月かけてABC調整しました。

Screenshot_20200627-181251~2


更に日足では、大文字Aの中にabcの小さな3波動がありますね。


日柄も9日とか、23日とか、重要ですね。


Screenshot_20200627-201733~3



今回も似たようなパターンがあり得ますね。


週足ではAに向かう途中?


Screenshot_20200627-113239~2



日足では小文字のcをつけにいく場面でしょうか?


Screenshot_20200627-205214~2


そうなれば、cの目標値はフィボナッチからも20700円台から21300円台です。


日柄的には7月9日前後、


値段的には前回安値近辺から下は、ゆっくり買っていいかな?と考えています。



なおこの夏場にしっかり下げる場合、


大文字Cとして、18500円から19500円でスローストキャスが安値圏をつけると、美しいですね。🐸


まあ政府の強引な相場なので、波動がきれいにならないことも多いです。


少し予定より早めに買うのもいいですが。。😓




シナリオ2


ただ、私は夏場にはそこまで下げない可能性も高いとみています。


2018年のように、夏場はレンジ調整となり、年末にかけて大きく調整する形です。😓


Screenshot_20200627-181303


当初はこの波動をメインで考えていましたが、中銀相場といった点では当時と大分違いますね。 


ただ、大統領選までに政府が予算を使いきり、万策尽きた上に、


本格的なコロナ第二波で再ロックダウン、


更にワクチン開発が遅れる、となれば

10~12月期に暴落するシナリオは現実味があります。



いずれにせよ、このパターンでは夏場はレンジ想定ですから、


戦略としてはヘッジを入れながら、


次なる小文字cでの買を狙うことに変わりありません。


Screenshot_20200627-211105~2


今の相場で言えば、cを付けたあとの反発が直近高値まで行くかどうかで見ていきたいです。


Screenshot_20200627-205214~2


オプション手口も大きなレンジを意識した動きとなっており、


急落、急騰してもあまり長期間続きづらいです。


その点でもcでの買い狙いは良いかと・・・



シナリオ3


最後に、2016年のように、夏場レンジのあと、


大統領選を挟んで更に大きく上昇するシナリオも一応頭にいれておきます。


Screenshot_20200627-181330

この場合2021年1月~3月まで、スローストキャスに本格的な調整が無いパターンです。


可能性は低いながら、前代未聞の金融相場ですからね。


一応考えておくくらいで。😐



本日の内容は以上です。


いつもお読みいただき本当にありがとうございます。


今週も謙虚に心穏やかにいきましょう。🐸



このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 13:04│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【再び波乱はくるか?】株価調整はどこまで?【動きそうだが焦り禁物!】今後の相場展望と作戦!