【今すぐ使えるチャート戦略!】順張り・逆張り使い分け?【大統領選後の相場】選挙後は本当に株価上昇?

2020年10月25日

【大統領選やっぱ荒れる?】ポジションも見てみよう!


こんにちは。ケロルです。



大統領選を控え、その前後のトレードプランや注意すべき点について考えます。


今週もよろしくお願いします。



1.大統領選は?


アメリカ大統領選挙について、賭けゲームはバイデン氏勝利を織り込んでいるようです。


1


ただ4年前のクリントン氏VSトランプ氏の時も、直前までクリントン氏が大幅優勢と言われていた中でトランプ氏が勝ったので、


今回はトランプ大統領再選の可能性を考えている人もそれなりに多いと思います。


私も個人的に、スウィングステートの選挙人はCNNの予想に反してトランプ氏に投票する可能性が高いと考えており、


トランプ氏勝利は十分に可能性があると見ています。


したがって、どちらが勝ってもマーケットとして選挙結果自体には驚きはない気はします。



ただし、気を付けないといけないのはトランプ氏は「負けても敗北宣言しない」と言っていいることです。


よほど大差でバイデン氏が勝利すれば敗北宣言せざるを得ないでしょうが・・・


僅差ならトランプ大統領は敗北宣言せず、「選挙のやり直し」や「不正があった」などと主張する可能性がありますよね・・・


もし2021年1月に選挙結果が確定しなかった場合は、「下院の州代表」による投票になると言われています。


下院議員の単純多数決ではありません!1州1人ずつです。


米株のディーラーから聞いた情報ですが、この投票を採用すると、共和党26票、民主党24票だと。


そうなると、2020年11月にバイデン氏が僅差でいったん勝ったと報道された後、トランプ氏が2021年1月に逆転勝利、という前代未聞のシナリオもあります。


もしくはペロシ大統領誕生とか・・・


いずれにせよ、言いたいのは以下です。

==========
・大統領選挙は予想外のシナリオもあり得る。

・大統領選挙の結果と相場の分析とは別!(これ大事ですよ)
==========


因みに私は全体市況として、この年末か、2021年1-3月期に、大き目の株式の値幅調整があると考えています。

8


景気循環的には2018年初からの調整が一巡して回復期に入っているため、


株式も中期的な回復期にあると見てはいるのですが、短期的には良い材料を織り込んでしまっているので、


近いうちに値幅調整があると考えておきたいです。

1


調整のきっかけが何なのかは予想はできないですし、本格的なヘッジをするのは下がり始めてからでも十分だと思います。


前回お伝えしたような、基準線を使ったヘッジ戦略の考え方を活用していきたいです。


〔前回ブログ〕






2.ポジション・チャートを見てみよう!


色々なポジションを見ておきます。


マーケットは、特に短期的にはコンセンサス(みんなの同意)と逆にいくことがほとんどです。


マーケットは多数派が苦しい方向に向かって損切オーダーが入るため、苦しい方向に大きく動くわけです。


だから今の多数派はどちらかを見極めるておきたいわけです。



(1)S&P500

アメリカの現物株は、コールオプションが歴史的に優勢です。


投資家の目線が強気だという事に加え、


マーケットメーカーのガンマヘッジで相当な現物が買われていると思われます。


緑がプット対コールの比率です。
4


一方S&P500指数はプットオプションが買われてきました。

つまり、指数のヘッジで下落に備えている人が結構増えています

5


S&P500の先物はあまり大きなポジションの偏りは見られません。

2


大統領選挙後は株価が上がることを期待して現物を仕込みつつ、一時的な大統領選前後のリスクを指数でヘッジしようとかんがえている人が多そうです。


またIT株などの成長株の現物を買って、S&P500などの指数でヘッジしている人が多いのではないでしょうか?


したがって、この動きに対して逆の動きに警戒が必要な気がします。


意外に調整が長く大きくなり、現物にも結構な売りが出るとか、


景気の回復とともに、シクリカル株(金融、製造業)が買われ、IT株が利確に大きく押される場面があるかもしれません。



私は株に関しては買いを利確しながら、まだ全体的には買いに傾けています。
(長期玉もありますし。)


今後指数は基準線を使った戦略を継続しつつ、全体市況が調整して再び上昇が始まった場面では、シクリカル株も買ってみようかな、といった感じです。



(2)ドル円

7


ドル円は、2016年ほど極端にポジションが円買いに傾いているわけではありません。


また、2016年ほど大統領選挙に意外感はないと思われるため、2016年末のような異常なドル円急上昇にはならないと思います。


また、ユーロ買い、ドル売りのポジションも極端に溜まっていることから、少なくとも短期的にはこれ以上のドル安にも行きづらいため、ドル円のショートにも今はあまり魅力を感じません。


日米実質金利差ではまだドル円はしばらく上げ下げ繰り返しながら軟調だと思うのですが・・・方向感が付きにくいと思います。


6


私は積極的なFXトレードは控え、売り買いダブルのリピートIF DONEをゆった、まったり継続しますね。



(3)米国金利

どちらが大統領になっても、大量の国債発行と、景気回復とで、米国長期金利が大幅上昇するというのが、市場のコンセンサスみたいです。


7


30年国債先物には大量のショートポジションが入っており、多くの人が金利上昇に備えています。


何となく理屈的には正しいと思いますが・・・・これだけショートポジションが多いと、


金利上昇したとしても勢いは遅いのではないか?と思います。



債券ディーラーはファンダメンタル重視の理屈屋が多いですからね・・・結構逆にいったときに慌てることが多いです。


私の個人トレードでは債券は静観(何もしない)です。


(4)ゴールド

先物ポジションにたいした傾きはありません。

3


また、以前のブログで

「ゴールドはジグザグに3か月くらい調整し、週足ストキャスティクスが安値まで来たら、再び上昇トレンドに入るのでは?」と申し上げていました。


9


良い所まで調整が進んでおり、徐々に底堅くなってくると見ています。


上記の通り、金利が急上昇ではなく、「穏やかな上昇になりやすい」ことも、ゴールドにとっては良い環境です。


調整はもう少し続くと見ていますが、引き続き少しずつ安い所を長期玉として買っていきたいです。





本日の内容は以上です。


いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。


今週も無理せず人生を楽しんで行きましょう~。




このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 19:44│Comments(0)日経平均分析 | マクロ経済

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【今すぐ使えるチャート戦略!】順張り・逆張り使い分け?【大統領選後の相場】選挙後は本当に株価上昇?