第98話【マクロ&チャート分析】2021年の株価予想!第100話【トランプ・垢BAN!】政治リスクどうする?

2020年12月26日

第99話【2021年相場】昨年の反省と心構え!



皆さまあけましておめでとうございます。


7


本年もどうぞよろしくお願いいたします。



先週は来年の相場分析を、景気循環やチャートパターンから分析しました。





相場分析・相場観は普段からたくさん書いているので、


今日は少し雑談というか、私の2021年相場への意気込み・考え方を書こうと思います。




まずは2020年の反省から・・・


相場予想と結果です。


昨年末に2020年相場を予想した際は、「2020年は景気先行指数が回復期に差し掛かり上昇する」「年末日経平均27,500円」と予想していました。


3


景気循環や、年末高値は当たっていましたが・・・当然ながらコロナについては影響読み切れず、翻弄されてしまいました。


実際の動き↓

4


正直、コロナ発生後は、FTSE 100のように日経平均も「2番底をきれいに形成する相場」を期待していました。


5


暴落の途中でヘッジ比率が低かったり、買い下がってしまったり、安値で中期の玉も一部たたき売ってしまったことが大きく響きました。


また、2番底を期待して売りあがったことも、損失は小さいですが失敗でした。


6月以降はしっかりと軌道修正ができましたが・・・


前半戦の失敗を真摯に受け止め、「取り返そう」とはせずに、リスク量を大幅に落として慎重に臨んだため、最終的には長期投資を除けば、年間で▲3.0程度の損失になってしまいました。


私はサラリーマンとの兼業ですし、2019年の利益もかなりあったので経済的には全く問題ないのですが、


やはり本来私が得意とするチャート分析やデータ分析ではなく、世間の情報とか感情に影響を受けてしまったことは大いに反省すべきです。


コロナ後は多数派の人が経済・マーケットのさらなる崩壊を期待していただけに、実際はその逆で大きく上がる相場になるのでは?


と、経験則的に勘はあったのですが。。


ただ対処はとても簡単です。


どうして感情的になって冷静な対処ができないのかというと、ポジションが過大だったり、サブシナリオへの想定が甘いことなどが主な原因です。


決して「根性が足りない」とか、「センスがない」とかで片づけてはいけません


「身の丈に合ったポジションで戦う」、「リスクシナリオ(or苦手な相場)にも対処できる戦い方を考える」ことを逃げずに徹底したいです。


もしくは、得意な場面以外で安易に相場に参加しないのも大切ですね。



2021年に注意したいこと


メインの相場予想


具体的な私の予想や作戦は前回ブログをご参照ください。

 


先ほどのFTSE100に見る景気循環からも、まだ上昇サイクルは来年も継続する可能性が高いです。


6


(ちなみに私は「フォツシー・ハンドレッド」と呼んでましたが業界標準なのかな?


日本やアメリカの景気先行指数も「回復期」を示しています。


10



ただし私は、再び緊急事態宣言が出されたり、新興国の一部でソブリン危機が発生したり、そういうリスクはあると考えています。


往々にして季節的に株価が弱含みやすい1-3月期や7-9月期にリスク要素は顕在化しやすいため、注意が必要です。


やはりメインシナリオとして、1-3月の間にいったんの高値を付けた後、大きめの調整が入りつつも、年間を通しては強気を考えています。



7


メインシナリオの予想レンジは24,500円~32,000円です。



ただ価格帯が28,000円近いところに来ているので、▲10%調整しただけで、約2,800円の下落です。


同じ先物mini1枚でも、リスク量が大きくなるので注意したいですね。


ただそれより怖いのは、上がりすぎることですね・・・

15


そうなったときのことも考えて戦略を作っていく必要がありますね。。


いずれにせよ、期中に大きめの調整が入るのか、そのまま大上昇してしまうのか、「相場は多数派が辛い方に」動きます。



予想よりも大切なこと


先ほども申し上げた通り、予想が外れても、相場で「怖くないリスク量で臨む」、「柔軟に対処する」、「過度に相場にのめりこまない」ことの方が実際に利益を出すためには大切です。


戦略は前回ブログで書いたのですが、資金配分は保守的にしようと思います。


また、多くの方が株式に「毎月●万円ずつ積み立てる」ことをやっていると思いますが、私は逆に今年後半から毎月増えた分を「出金」しています。


現預金がかなり「ブタ積み」になってはいますが、あまり相場でリスクを取り過ぎず、現金を保有することや、適度にサラリーマンにもリスクヘッジすることで、心の平穏が保たれます。



無理せず淡々とやっていきます。


今年も私の相場観や、私と仲の良いアナリストやトレーダーの話など、毎週のブログやTwitterでも書いていきますね。


本日の内容は以上です。


いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。


本年もどうぞよろしくお願いしますね~



このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 20:50│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第98話【マクロ&チャート分析】2021年の株価予想!第100話【トランプ・垢BAN!】政治リスクどうする?