第109回【強いダウと弱いナスダック】全体相場の行方は?第111回【景気循環とNT倍率】ファンダメンタルズから見る相場

2021年03月19日

第110回【日銀会合は気にしなくて良い?】株価の展開を考える


こんにちは。ケロルです。


今週も相場分析していきますので、よろしくお願いします



日銀政策決定会合の結果は違和感ないが・・・


今週は金曜日の夜に記事を書いています。


ちょうど本日、日銀の政策決定会合の結果が発表されました。


事前の予想通り、株式ETF買入の「年間6兆円目途」目標は削除され、「12兆円の上限」は維持されました。


ただTOPIX型のETFのみを買い入れるという決定は少し予想外でした。


その結果、日経平均が売られ、TOPIXは堅調さを維持する展開になりました。


1


ただ先週も申し上げた通り、現在日本の景気先行指数が「好況期」に入っており、


景気敏感株の寄与が高いTOPIXは、日銀の政策変更がなくともアウトパフォームしやすい環境だったといえます。


5



長期的には成長株の寄与が大きな日経平均がパフォーマンスが良いだろう、というのが市場のコンセンサスですので、


日経平均買い、TOPIX売りのポジションを持っている人も多く、今回の発表でかなり反対売買を強いられたので、日経平均が下落したのかもしれませんね。


また、もともと日銀のETF買入割合はTOPIXの方がかなり多かったため、今回の変更で甚大な影響があるとは思えません。


当ブログの株価指数トレードにとって、今回の決定会合結果は「あまり気にしない」というスタンスで臨みたいと思います。




金利の方は落ち着いています。



2


政策決定会合では、10年利回りは▲0.25%~+0.25%の範囲でコントロールされることが明言されました。


またマイナス金利の深堀りを否定せず、マイナス金利による銀行のダメージを緩和する措置も図られたことから、


マイナス金利深堀も現実度が増し、+0.25%までの金利上昇を許容しつつも、けん制が効いたというところです。


そのこともあって、ボラティリティ上昇を懸念していた金利市場はやや安心したのだと思います。


後は気になっていることとして、日本の期待インフレ率が0.207%まで回復してきています。


3


景気循環が「好況期」に入っているため、期待インフレ率が戻り基調というのは理解できます。


これを見ると、「日本円が紙くずになる」、「ハイパーインフレの序章だ」とすぐに言い出す人がいますが、私は景況感の回復に伴う「単なる戻り」だと思います。


とはいえ、日本の名目金利がコントロールされつつ、期待インフレも高まってきているため、為替は円安方向に進んでいるのは事実です。


4


私もリピートIF DONEでドル円ロングにしているのでまあ良いには良いのですが・・・


日本の期待インフレがどこまで回復するかは正直読めません。


また、アメリカの実質金利上昇が先にある程度織り込まれていることも勘案すると、ドル円もガンガン買っていくのは、不安です。


ただ日本の期待インフレ率は株価との相関性が高いですから、


現在の傾向を見るに、景気先行指数が「後退期」に入り株価上昇のサイクルが反転するまでは、ドル円も堅調さを維持するものと見ています。


多少ドル円は株価よりも遅行しますから、慌てなくても良い気はしますね。


ドル円のスウィングは私はやるつもりはありませんが、株価を見ながら深い押し目を待って買っていくのはありかもしれません。



株価の今後シナリオ


さて、決定会合のことは「あまり気にしない」こととしましたが、


そうなると今後の株価シナリオを決定するのは、「市場参加者のポジション」や「実体経済」だったりするわけですね。


いつも通り、景気循環や過去のパターンから見ていきたいです。


5


この「好況期」がいつまで継続するか、ですね。


だいたいは半年~1年くらいになることが多いため、気にしていきたいです


またポジションの面からは、だいたい1年くらいでポジションの蓄積が進み、上昇が終了する展開がほとんどです。

6


2013年のAのように、上昇が終わったあとも「好況期」は続き、大幅調整を挟みながらもジグザグに上昇が続くパターン。


2015年のBのように、上昇が終わった後、高値圏もみ合いに入り、「後退期」に入って夏場に暴落が始まるパターン。


まずはこの2パターンを考えたいですが・・・


もしかしたら現在Cのような大バブルの途中であり、あと1年くらいそのまま上昇が続く可能性も考えたいです。

7


このシナリオは最も辛いと思います・・・買いにもついていけず、バブル崩壊でさらに辛い思いをする人が多くなります。


「相場は最も辛い道を行く」というのは格言ですし、本当です。


この展開も頭に入れておきたいですね。


私は今のところ、日足基準線を使ったスウィングやリピートIF DONEの戦略を変えていませんが、


次回以降、どのシナリオの可能性が高いのか、またシナリオごとの具体的な展開をより詳しく考えていきたいです。





本日の内容は以上です。


いつもお読みいただき、本当にありがとうございます。


今週も感謝を忘れず、人生を楽しみましょう~





このエントリーをはてなブックマークに追加
keroinvestment at 21:19│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第109回【強いダウと弱いナスダック】全体相場の行方は?第111回【景気循環とNT倍率】ファンダメンタルズから見る相場